食用米との識別性を有する多収飼料用米、TDN収量が高い飼料作物品種の開発

食用米との識別性を有する多収飼料用米、TDN収量が高い飼料作物品種の開発

県名青森県
研究機関名地方独立行政法人青森県産業技術センター農林総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H22〜26
年度2013
概要目的:食用米との粒大や玄米品質などが異なり識別性を有する多収飼料用米を開発する。
、成果:個体選抜供試材料を恒温深水圃場に移植し、耐冷性が「極強」以上と推定された106個体を選抜した。単独系統については133系統を供試し19系統を選抜した。生産力検定予備試験には、5組合せ10系統を供試し、収量性と耐病・耐冷性が優れた1系統を選抜した。生産力検定本試験には5組合せ10系統を供試し、収量性が優れる3系統を選抜し、試験継続することとした。
研究分担水稲品種開発部
予算区分受託(独立行政法人)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030204493
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat