転炉スラグによる土壌pH矯正を核としたフザリウム性土壌病害の耕種的防除技術の開発

転炉スラグによる土壌pH矯正を核としたフザリウム性土壌病害の耕種的防除技術の開発

県名青森県
研究機関名地方独立行政法人青森県産業技術センター農林総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H24〜26
年度2013
概要目的:転炉スラグの施用によるレタス根腐病の耕種的な防除方法、高pH条件下における復元水田での栽培が水稲の生育・収量・品質・養分吸収量・いもち病の発生に及ぼす影響、土壌中の全窒素量や可給態窒素量に及ぼす影響等を検討する。
、成果:転炉スラグにより土壌pHを7.5程度に矯正するとレタス根腐病レース1に対して発病抑制効果があり、品種耐病性と組み合わせると実用性が高かった。キチン質資材の併用は多量投入でやや効果があったが、実用性は低かった。育苗方法としては、定植時の植え傷みが少ないペーパーポットの利用が、セルトレイより発病が抑えられた。
、 転炉スラグで土壌pH7.5にした圃場を水田にして4作稲作を続けても水稲の生育・いもち病の発生程度にはほぼ差がなかった。高pHでの土壌有機物の無機化により、25%減肥でも対照並の収量となったが、地力を低下させないためには堆肥施用が効果的であった。
研究分担病虫部
予算区分受託(農林水産省)
業績(1)レタス根腐病菌レース1に対する市販レタス品種の発病比較
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030204517
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat