1.「青台3」等わい性台利用による密植低樹高栽培の確立 、 1)新植樹の下枝の取り扱いによる低樹高化  、 (3) 収量・果実品質及び作業性

1.「青台3」等わい性台利用による密植低樹高栽培の確立 、 1)新植樹の下枝の取り扱いによる低樹高化  、 (3) 収量・果実品質及び作業性

県名青森県
研究機関名地方独立行政法人青森県産業技術センターりんご研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H21〜25
年度2013
概要目的:わい性台を利用し、結実高2.5mに抑えた下枝斜立主幹形‘ふじ’の収量・果実品質及び作業性について検討する。
、成果:耐雪性を考慮せずに評価した場合、下枝斜立主幹形は、細がた紡錘形と比較して早期多収で、果実品質は同等、作業時間は同等〜短く、作業の80%を脚立なしで実施できる樹形であると考えられた。しかし、枝の混み合いにより、一部作業性が悪くなる場面も見られており、斜立枝の維持方法等について検討が必要と考えられた。
研究分担栽培部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030204598
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat