2.りんごの生理障害を回避するための総合的管理技術の開発 、 1)果実の抗酸化機能向上を重視した貯蔵障害回避技術の確立 、 (1) 果実の抗酸化物質含量を高める栽培技術の開発 、 ウ.被袋期間の違いが貯蔵障害の発生に及ぼす影響(平成24年度試験)

2.りんごの生理障害を回避するための総合的管理技術の開発 、 1)果実の抗酸化機能向上を重視した貯蔵障害回避技術の確立 、 (1) 果実の抗酸化物質含量を高める栽培技術の開発 、 ウ.被袋期間の違いが貯蔵障害の発生に及ぼす影響(平成24年度試験)

県名青森県
研究機関名地方独立行政法人青森県産業技術センターりんご研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H22〜24
年度2013
概要目的:‘ふじ’果実の被袋期間の長短がやけ病や内部褐変の発生に影響するか検討する。
、成果:有袋果としての外観と貯蔵後の品質の安定性を考慮すると、被袋期間は90日以上とすることが望ましいと考えられた。
研究分担品種開発部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030204603
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat