3.リンゴの栽培に係わる試験 、 9)Mn過剰障害(粗皮病)及びMg欠乏の発生リンゴ樹の春〜夏期における 落葉 、 (2) 果そう葉に発生するMn過剰障害とMg欠乏の特徴

3.リンゴの栽培に係わる試験 、 9)Mn過剰障害(粗皮病)及びMg欠乏の発生リンゴ樹の春〜夏期における 落葉 、 (2) 果そう葉に発生するMn過剰障害とMg欠乏の特徴

県名青森県
研究機関名地方独立行政法人青森県産業技術センターりんご研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H24〜25
年度2013
概要目的:春期において、果そう葉に発生するMn過剰障害及びMg欠乏の特徴を明らかにし、生理障害の基礎資料を得る。
、成果:落花期から幼果期の急激な果実肥大及び果台枝伸長に伴い、果そう葉と果実及び果台枝の間でMn及びMgの競合が発生し、果そう葉のMn及びMg濃度が低下した。この結果、Mn濃度は過剰域から正常域へ移行し、過剰障害の症状が消失した。これに対し、Mg濃度は正常域から欠乏域へ移行し、Mg欠乏が発生した。Mn過剰障害を示した果そう葉は落葉しなかったが、Mg欠乏が発生した果そう葉は落葉した。Mn過剰障害とMg欠乏が併発した果そう葉はMn過剰障害の症状消失期間の後半とMg欠乏発生期間の前半が重なるので、両者の症状が現れ、落葉する。
研究分担栽培部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030204629
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat