8.りんご病害虫の発生動向に応じた新防除技術の開発 、 3)りんごにおける新たなIPM利用技術の開発 、 (1) 高圧洗浄機による粗皮削りの有効性と病害虫発生助長の有無 、 イ.クワコナカイガラムシに対する密度低減効果

8.りんご病害虫の発生動向に応じた新防除技術の開発 、 3)りんごにおける新たなIPM利用技術の開発 、 (1) 高圧洗浄機による粗皮削りの有効性と病害虫発生助長の有無 、 イ.クワコナカイガラムシに対する密度低減効果

県名青森県
研究機関名地方独立行政法人青森県産業技術センターりんご研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H24〜25
年度2013
概要目的:高圧洗浄機による粗皮削りがクワコナカイガラムシの密度低減に効果があるかを明らかにする。
、成果:処理前密度は、各園地とも区による大きな違いはなかった。処理後は、板柳町ではいずれの区でも卵のうが認められず、密度低減効果は判然としなかったが、五所川原市及び平川市では高圧洗浄区に比べて無洗浄区でより多くの卵のうが認められた。これらのことから、高圧洗浄機による粗皮削りはクワコナカイガラムシの密度低減に効果があると考えられた。
研究分担病虫部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030204706
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat