14.特産果樹におけるブランド品種の育成と高品質生産技術の開発 、 2)おうとう‘ジュノハート’等の高品質・大玉果生産技術の開発と優良 系統・台木の選定 、 (1) ‘ジュノハート’の高品質・大玉果生産技術の確立 、 ア.生育特性 、 (イ) 果実熟度の推移と収穫時期の把握

14.特産果樹におけるブランド品種の育成と高品質生産技術の開発 、 2)おうとう‘ジュノハート’等の高品質・大玉果生産技術の開発と優良 系統・台木の選定 、 (1) ‘ジュノハート’の高品質・大玉果生産技術の確立 、 ア.生育特性 、 (イ) 果実熟度の推移と収穫時期の把握

県名青森県
研究機関名地方独立行政法人青森県産業技術センターりんご研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H21〜25
年度2013
概要目的:‘ジュノハート’の果実熟度の推移を調査し、収穫時期を把握する。
、成果:‘ジュノハート’のアオバ台樹は、満開40日以後着色がみられ急激に果実が肥大し、満開50〜55日以後にはほぼ収穫時の大きさに達した。また、着色は糖度と比例して進む傾向があることから、収穫始めの指標は、糖度18%、着色指数4程度で、満開後55日以降と推定された。特に満開後50〜60日にかけては糖度が急激に上昇するので、この時期の気象の影響が大きいことが示唆された。
研究分担県南果樹部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030204740
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat