長期安定収穫が可能なトマト栽培技術の確立

長期安定収穫が可能なトマト栽培技術の確立

県名岩手県
研究機関名岩手県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H23〜H29
年度2013
概要【目的】主力品目であるトマトは、長期安定生産が求められているが、障害果の発生や、高温期の草勢低下、施設内の塩類集積等により生産が不安定となっている。そこで、それら問題を解決した安定栽培技術により生産の安定化を図る。
、【予定成果】長期安定収穫が可能な栽培技術の確立
研究分担野菜花き研究室、生産環境研究室、南部園芸研究室
予算区分県単
、受託(独法)
業績(1)地下水を利用したトマトの茎部冷却処理が果実収量に及ぼす影響
(2)非破壊式糖酸度計を利用した房どりトマトの品質評価
(3)小型卓上試験機を用いたトマトのへた離れ性および果柄の離脱性の評価
(4)小型卓上試験機を用いたトマトのへた離れ性および果柄の離脱性の評価
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030204935
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat