発酵TMR素材としての自給高タンパク質飼料の低コスト調製・給与技術の開発(乳牛・肉用牛給与)

発酵TMR素材としての自給高タンパク質飼料の低コスト調製・給与技術の開発(乳牛・肉用牛給与)

県名岩手県
研究機関名岩手県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H22〜H26
年度2013
概要【目的】大豆(穀実またはWCS)は、飼料用としての栽培〜収穫・調製〜給与に関する知見が少ないが、自給可能なCP飼料として有望であるため、飼料用大豆の栽培〜給与までの技術を確立する。
、【予定成果】大豆WCSの成分変動、WCS給与による乳用牛及び肉用牛の生理・増体への影響を明らかにする。
研究分担家畜飼養・飼料、家畜育種研究室
予算区分受託(独法)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030204977
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat