針葉樹大断面製材の乾燥技術の開発

針葉樹大断面製材の乾燥技術の開発

県名岩手県
研究機関名岩手県林業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H24-26
年度2013
概要【目的】
、 長伐期化に伴う大径材を有効活用するため、スギ、カラマツなどの針葉樹大断面製材品の低コスト乾燥技術を開発する。
、【計画】
、 スギ、カラマツなど針葉樹大径材製材品の断面寸法別の乾燥条件等を検討し、樹種別乾燥スケジュールを作成する。
、 また、天然乾燥と人工乾燥を組み合せた低コスト乾燥技術の開発等を実施する。
研究分担研究部
予算区分県単
業績(1)横架材の内部割れがプレカット接合部のせん断耐力に及ぼす影響
(2)高温セット処理したアカマツ平角材の部分圧縮強さが接合部のせん断耐力に及ぼす影響
(3)乾燥方法が異なるスギ心持ち正角材の表面割れおよび乾燥コスト分析
(4)針葉樹心持ち平角材の高温乾燥技術の開発
(5)心持ち正角材の表面・内部割れに及ぼす高温セットの影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030205018
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat