乾シイタケ生産量安定化技術の開発

乾シイタケ生産量安定化技術の開発

県名岩手県
研究機関名岩手県林業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H23-30
年度2013
概要【目的】
、 乾シイタケ生産の拡大を図るため、気候に左右されない栽培安定化技術を開発する。
、 また、放射性物質の影響対策のため、林内ホダ場における安全なシイタケ栽培技術の確立を図る。
、【計画】
、 寒冷な気候のもとでも安定的な収量が見込まれる被覆資材等を活用した栽培技術により、仮伏せ、本伏せ期間中の最適管理方法を確立する。
、 また、安全なシイタケ栽培の管理技術の解明のため、ホダ場の環境改善効果調査を実施する。
研究分担研究部
予算区分県単
業績(1)林内ホダ場における放射性物質のホダ木への影響と環境改善の効果
(2)岩手県内陸南部の林内ホダ場における土壌の放射性セシウム濃度と空間放射線量率
(3)堆積有機物層を除去したホダ場に移設したシイタケホダ木への放射性セシウムの移行
(4)ホダ場に移設したシイタケホダ木への放射性セシウムの移行
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030205021
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat