誘引保育技術等によるサケ放流稚魚の生残率向上技術 、(秋サケ資源の造成・管理技術の開発)

誘引保育技術等によるサケ放流稚魚の生残率向上技術 、(秋サケ資源の造成・管理技術の開発)

県名岩手県
研究機関名岩手県水産技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H24〜29
年度2013
概要目的:人為的に関与できる飼育・放流技術について、放流適期の検証、誘引保育放流技術、粗放的放流技術開発を行い、稚魚の生残率向上による親魚の回帰率向上を図る。
、計画:1)H25春季(H24年級)の岩手県沿岸におけるサケ幼稚魚の分布状況の評価2)H25年度回帰親魚の資源水準の評価
、成果:1)H25春季(H23年級)の分布密度は、H24年春季並であったが、H15春季以降では低い水準にあった。H25年春季に採捕されたサケ幼稚魚の尾叉長は、68.0±10.3mmで例年よりも小さかった。分布密度と4歳魚の回帰尾数に正の相関関係があることから、H28年度まで親魚の回帰数が少ないと推定された。2)H25年度の回帰数量は529万尾、15,834トンでH22年度から引き続き少なく、各年齢とも尾叉長と体重が前年より大きかった。H25年度の年齢組成(暫定値)や幼稚魚の分布密度から、H26年度の回帰尾数は390〜450万尾程度と推定された。
、残された課題:1)H25年級の海水馴致放流等の試験放流について、H26春季の調査で解析可能なサンプル数を確保する必要がある。2)サケ幼稚魚及び親魚のモニタリングを継続し、岩手県のサケ資源の水準を把握する。
研究分担漁業資源部
予算区分県単/受託(農林水産省)
業績(1)サケ稚魚の短期海中飼育による放流後の生残効果
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030205037
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat