食料生産地域再生のための先端技術展開事業「技術・経営診断技術開発研究」

食料生産地域再生のための先端技術展開事業「技術・経営診断技術開発研究」

県名宮城県
研究機関名宮城県農業・園芸総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H24〜29
年度2013
概要目的:1)産学官が有する先端技術を東日本大震災被災地域において活用し、規模拡大・多角化をめざす農業経営体を対象に、導入技術の経営経済評価手法、及び営農計画・経営診断分析技術を確立する。2)開放型研究拠点(オープンラボ)の整備・運営を行い、実証研究を普及・展示するとともに、実証研究に携わる産学官の連携を推進する。
、期待される成果:1)先端技術を活用して規模拡大や多角化を図る農業経営体の着実・安定的な経営展開を支援するための営農計画・経営診断分析手法が確立される。2)最適な普及・展示手法の選定により、先端技術の被災地域への速やかな導入が促進される。
研究分担情報経営部
予算区分受託(独立行政法人)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030205060
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat