みやぎ発信型の新規園芸品目の定着技術の確立

みやぎ発信型の新規園芸品目の定着技術の確立

県名宮城県
研究機関名宮城県農業・園芸総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H21〜25
年度2013
概要目的:宮城から発信できる新しい園芸品目を検索し、高品質・安定生産技術の構築や優良系統の選抜を行うことにより、少量多品目で実需者ニーズに細やかに応えることのできる産地育成に資する。
、成果:野菜(加工用トマト、ニンジン、メロン、ロメインレタス、リーキ、トレビス)、花き(ニゲラ、球根類)、果樹(リンゴ、ナシ、モモ、ブドウ、小果樹類)について、本県に適した有望品種の検索、及び高品質生産技術の検討を行った。
研究分担バイオテクノロジー開発部
予算区分県単
業績(1)小ギクの交配で得られた実生個体の開花期及び花色
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030205067
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat