現場に適した技術開発による産地の復興支援

現場に適した技術開発による産地の復興支援

県名宮城県
研究機関名宮城県農業・園芸総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H23〜25
年度2013
概要目的:当研究所の技術シーズ及びこれまでの知見を活かしながら、低コストで組み立てられる隔離栽培システムを開発して津波被災地域に導入し、早期復興に資する。
、成果:1)イチゴにおいて、簡易ベンチ栽培、及び多段栽培システムについて検討した結果、収量面やコスト面で課題が残った。今後は、クラウン温度制御技術の導入や灌水方法の改善による収量向上、安価な培地の利用によるコスト低減等について、現地への提案を行っていく。2)トマトにおいて、取組が容易なポット栽培、及び少量培地栽培について検討した結果、慣行栽培と同等の収量を得ることができた。肥培管理に留意しながら、現地への普及を図る。
研究分担園芸栽培部
予算区分県単
業績(1)灌水への海水添加がイチゴの収量及び果実品質に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030205077
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat