本県に適した特徴ある園芸作物のオリジナル品種育成

本県に適した特徴ある園芸作物のオリジナル品種育成

県名宮城県
研究機関名宮城県農業・園芸総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間新H26〜30
年度2013
概要目的:本県の園芸品目の有利販売に向け、イチゴ、セリ、スプレーギク、小ギク、リンゴ、ナシ、モモ等、本県における重要な園芸品目や特産野菜について、継続してオリジナル品種の育成を行う。
、期待される成果:震災復興の証として大きなPR効果が期待できる。また、産地間競争が激化する中で、本県でしか入手できないオリジナル品種は確実に付加価値が見込める。
研究分担園芸栽培部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030205088
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat