県内農耕地における放射性物質の動態把握と農産物への吸収抑制対策の確立

県内農耕地における放射性物質の動態把握と農産物への吸収抑制対策の確立

県名宮城県
研究機関名宮城県古川農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H24〜25
年度2013
概要<目的>
、 東京電力福島第一原発の事故により,消費者等からは県内産農産物に対する不安の声が上がっている。そのため,基準値以下であっても放射性物質が検出された農産物や地域においては,風評被害等,消費者への影響が懸念されるところであり,可能な限り放射性セシウム(以下:Cs)の吸収を抑制する技術の確立が求められている。
、 本試験では,カリ肥料や堆肥,各種資材の施用による放射性Csの吸収抑制効果について確認,検討する。
、<成果>
、○水稲:場内ほ場(放射性Cs濃度130〜140Bq/kg乾土,交換性カリ含量50mg/100g乾土程度)における玄米中の放射性Cs濃度は,放射性Cs 134および137の各核種で1Bq/kg未満であった。
、 非放射性Cs(塩化セシウム)を添加した場内での枠試験において,土壌中の交換性カリ含量が高いほど,稲体のCs濃度は低下する傾向にあった。
、 非放射性Csを添加した場内での枠試験およびポット試験において,牛ふん堆肥あるいはゼオライトの施用により,玄米中のCs濃度は低下する傾向にあった。
、○大豆:収穫した大豆中の放射性セシウムと収穫時の土壌中の交換性カリウム濃度の関係は,交換性カリウムの量が多いほど子実放射性セシウム量は少なくなった。交換性カリウム25mg/100g土壌に存在すれば,大豆中の放射性セシウム濃度は50Bqを超えない値となった。
、○そば:土壌中の交換性カリウム濃度が高いと玄ソバ中の放射性Cs濃度は低くなる傾向が認められ,ソバにおける放射性Cs吸収抑制技術として,基肥のカリ増肥は有効であると考えられる。
研究分担水田利用部
予算区分交付金事業
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030205151
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat