DNA多型マーカーと家畜の生産形質及び遺伝的疾患等との関連に関する研究(牛)

DNA多型マーカーと家畜の生産形質及び遺伝的疾患等との関連に関する研究(牛)

県名宮城県
研究機関名宮城県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H6〜
年度2013
概要目的:DNA多型マーカーと経済形質等との連鎖解析により,優良な遺伝子を保有する個体の選抜を行い,受精卵移植等の関連技術を有機的に結びつけ,より効率的な種畜の生産体制を確立する。
、成果:採卵数に対するGRIA1遺伝子のアリル置換効果は平均3.15個で、優良な個体を選抜していくことで、採卵数が増加するほか、枝肉重量、バラ厚、脂肪交雑についてもプラスの選抜効果がある可能性が示唆された。
研究分担酪農肉牛部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030205165
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat