生産病に対する感受性を支配するゲノム領域の探索

生産病に対する感受性を支配するゲノム領域の探索

県名宮城県
研究機関名宮城県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H24〜28
年度2013
概要目的:当場が造成したMPS抗病性系統豚(L種「ミヤギノL2」)について,抗病性機能を支配する遺伝的要因の探索を行い,それに基づいた抗病性育種手法を確立するとともに,その評価を行い,効率的な疾病制御手法を開発する。 成果:LAのMPS抗病性能力は,遺伝的要因が関係することが再確認され,この能力は交雑種にも移行することが示唆された。また,MPS以外の遺伝子関係(TLR5C1205T,Mx遺伝子)の調査から,遺伝子型による抗病性育種の可能性が示唆された。
研究分担種豚家きん部
予算区分受託
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030205175
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat