重要貝類の養殖技術高度化と新養殖品目の開発

重要貝類の養殖技術高度化と新養殖品目の開発

県名宮城県
研究機関名宮城県水産技術総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間H23〜27
年度2013
概要目的:松島湾のカキ斃死対策,アカガイの種苗生産技術開発,マボヤの人工採苗指導,アサリの食害生物の分布状況の把握を行う。

、成果:1)カキの抑制期間を延長することで,生残率が向上する可能性が確認された。2)アカガイの塩分濃度別の飼育試験を実施したが,幼生の沈下等により試験を中断した。3)マボヤの人工採苗の指導を行った。4)5〜7月にかけてサキグロタマツメタの分布調査を行った。
研究分担養殖生産部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030205218
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat