“秋田の顔となる野菜”の生産拡大を目指した新技術開発

“秋田の顔となる野菜”の生産拡大を目指した新技術開発

県名秋田県
研究機関名秋田県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H21〜25
年度2013
概要目的:2層栽培・根系分割灌水による高糖度トマトの栽培法について、生育対応型・日射比例灌水制御器を開発する。
、成果:トマトにおいて、試作した2層連結ベッドを用いた高糖度トマト栽培では、養液栽培により、定植後から上層には養液を施用し下層には水道水を灌水する、上層の乾燥処理後は下層に養液を施用する、上下層の容量比は6倍以下とする、栽植本数と葉面積を確保するため2本仕立て栽培で側枝本葉2葉を残すことが好適条件であった。トマトの生育に対応した日射比例制御灌水は、慣行施肥による土耕栽培と少量土壌培地耕栽培で定量灌水とほぼ同等の収量が得られた。少量土壌培地耕栽培では、日射比例制御灌水は養液使用量を22%、排液量を43%削減することができた。
研究分担野菜・花き部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030205238
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat