リンゴ春季防除における発生リスクに連動した減農薬防除体系の確立

リンゴ春季防除における発生リスクに連動した減農薬防除体系の確立

県名秋田県
研究機関名秋田県果樹試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H24〜26
年度2013
概要モニリア病の防除を行う上で、最も重要な一次伝染源である子実体の成熟経過と子のう胞子の飛散消長、葉の濡れ時間と発病の関係について明らかにする。またより治療効果期間の長いEBI剤を明らかにする。発生園地での発生経過や防除実績、被害状況などを調査・分析し、減農薬防除体系の参考とする。
研究分担リンゴ部
予算区分国庫補助
業績(1)リンゴ重要病害の発生生態と防除のポイント
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030205277
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat