秋田産海藻の利用加工を促進する技術開発研究  、−粘る海藻キングダム秋田への道− 、

秋田産海藻の利用加工を促進する技術開発研究  、−粘る海藻キングダム秋田への道− 、

県名秋田県
研究機関名秋田県総合食品研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H26〜28
年度2013
概要目的
、本研究は、秋田の粘る海藻(ギバサ、クロモ、エゴ等)に注目しその利用加工を促進する技術開発を行い、粘る海藻キングダム秋田ブランドの確立を目指す。
、これまでほとんど研究蓄積がないため、科学的特性および物理学的特性の解明を行い、それを活用した海藻の処理技術や利用加工技術の開発を目的とする。 また、得られた成果の加工業者への技術移転と加工品生産増大を目標とし、さらに漁業者の生産意欲増大につなげる情報を積極的に発信し、水産行政、水産研究部署との連携により海藻生産増大も目指す。
、計画
、1)海藻の化学的特性解明:海藻の粘質多糖類の分析方法(前処理方法、糖分析方法)の確立と栄養成分分析
、 2)海藻の物理的特性解明:褐藻(アカモク、クロモ等)、紅藻(エゴ等)、緑藻(アオサ等)のテクスチャー調査と解析
、 3)海藻の科学的特性を活かした処理技術開発:海藻の乾燥、凍結などによる高品質保存技術の確立
、 4)海藻の科学的特性を活かした利用技術開発:海藻の科学的特性を活かした新規利用法と加工品の開発
研究分担食品開発
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030205294
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat