黒毛和種肥育牛への飼料用米ソフトグレインサイレージ多給技術の開発

黒毛和種肥育牛への飼料用米ソフトグレインサイレージ多給技術の開発

県名秋田県
研究機関名秋田県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継(H22)
、〜(H26)
年度2013
概要(目的)
、 飼料自給率向上を図るため、飼料用米をソフトグレインサイレージ(以下飼料用米SGS)として肥育全期間給与する場合の健康に配慮した給与方法を検討する。
、(計画)
、1)飼料用米SGSの肥育素牛への給与技術開発
、2)飼料用米SGSの肥育牛(交雑種・黒毛和種)への多給技術開発
、3)肥育牛への飼料用米SGS多給が産肉成績等に与える影響
、4)飼料用米SGS多給による肥育技術マニュアル策定
、(成果)
、 膨軟化SGS給与牛は、飼料の利用性が高く、増体重が高い値を示した。また、枝肉重量、ロース芯、ばらの厚さが高い値を示し、歩留まり基準値では有意に無給与牛より高い値となった。
研究分担飼料・家畜研究部
予算区分受託(独立行政法人:農業・食品産業技術総合研究機構)
業績(1)乳用交雑種肥育牛への飼料用米ソフトグレインサイレージの多給試験
(2)黒毛和種肥育牛への飼料用米ソフトグレインサイレージの多給試験
(3)乳用交雑種肥育牛への飼料用米ソフトグレインサイレージの多給試験
(4)乳用牛交雑種肥育牛への飼料用米SGSの多給試験〜秋田県産牛のブランド化に向けて〜
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030205309
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat