生物の多様性に配慮した内水面増養殖技術の確立に関する研究

生物の多様性に配慮した内水面増養殖技術の確立に関する研究

県名秋田県
研究機関名秋田県水産振興センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H22〜26
年度2013
概要目的:平成20年に生物多様性基本法が施行されたほか、内水面において漁協が実施する種苗放流等の増殖行為においても、地域の自然的・社会的条件に応じた生物多様性の保全及び持続可能な利用が求められていることから、これらに配慮しつつ、地域に適合して効果的な増殖技術の確立を図る。
、成果:イワナの在来個体群の生息状況を把握した。天然遡上アユを由来とする種苗生産のための採卵をした。サクラマスの種苗生産技術開発、放流魚の降河・再捕状況および放流効果の把握を行った。人工産卵場の造成試験を行い、サクラマス等の産卵を確認した。
研究分担増殖部
予算区分県単
業績(1)Incidence of a Skeletal Deformity
、 (Truncated Upper Jaw)
、in an Isolated Population of White Spotted Charr Salvelinus leucomaenis

(2)阿仁川支流小様川から標識放流されたサクラマス幼魚の分布と成長
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030205318
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat