肥育牛の飼料効率改善効果の高い穀類加工形態の解明

肥育牛の飼料効率改善効果の高い穀類加工形態の解明

県名山形県
研究機関名山形県農業総合研究センター畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完 H23〜25
年度2013
概要目的:飼料用米について、加工形態の違いによる栄養成分や消化特性への影響を解明するとともに、黒毛和種肥育牛における飼料効率改善を図るための効率的な給与技術を確立する。
、成果:膨軟化籾米がもっとも消化性が良かったが、飼料摂取量が多くなり、消化性の良さに起因する飼料効率改善効果は認められなかった。他方、膨軟化籾米給与牛の枝肉のBMS値も高い傾向にあったことから、摂取エネルギーが脂肪蓄積により多く動員されたものと推察された。
研究分担家畜改良部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030205433
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat