飼料用米等水田を活用した肉用牛の飼養管理技術の開発

飼料用米等水田を活用した肉用牛の飼養管理技術の開発

県名福島県
研究機関名福島県農業総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H22〜H26
年度2013
概要 肥育の全期間、肥育用配合飼料のTDN比40%を圧ぺん玄米で代替給与しても、対照区と同等の発育、枝肉成績を得られ、脂肪の質に差が生じなかった。また、離乳後から出荷(生後3〜28ヵ月齢)までの期間、配合飼料のTDN換算で30%まで圧ぺん玄米を代替給与しても、嗜好性や発育、肉質は低下しないことを明らかにした。
研究分担畜産研究所肉畜科、畜産研究所沼尻分場
予算区分受託(独立行政法人)
業績(1)黒毛和種の離乳から出荷までの肥育一貫体系における圧ペン籾の代替給与技術
(2)黒毛和種の離乳から出荷までの肥育一貫体系における飼料用米の配合飼料代替効果
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030205528
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat