福島の顔となる主要野菜の高品質・安定生産技術の確立

福島の顔となる主要野菜の高品質・安定生産技術の確立

県名福島県
研究機関名福島県農業総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H23〜H26
年度2013
概要 「夏秋トマトの省力的な誘引技術の確立」については 主要品種について、捻枝によるUターンをひも誘引と比較した結果2品種については誘引方法によって収量、果数が変化しなかったが、1品種についてはUターン区で減少した。
、 「病気に強い夏秋きゅうりの栽培技術の確立」については、実用的な効果が得られる発病が認められず、ホモプシス根腐病の発酵鶏糞による発病抑制効果は判然としなかった。
、 「地域資源を利用した高品質、安定生産技術の確立」のタケ粉砕物による高温時のトマトの生育については、収量は増加したがA級率は低下した。
研究分担野菜科
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030205541
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat