天敵生物等を利用した化学合成農薬低減技術の開発

天敵生物等を利用した化学合成農薬低減技術の開発

県名福島県
研究機関名福島県農業総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H23〜H26
年度2013
概要 アスパラガス栽培での主要害虫であるネギアザミウマの土着天敵を調査した結果、アカメガシワクダアザミウマとヒメハナカメムシ類が多く見られ、周辺植物でも観察された。
、 ハウスアスパラガス栽培においてスワルスキーカブリダニの定着は不十分であった。リモニカスカブリダニは定着がよかったが単独でネギアザミウマの多発を抑えるには時間を要した。
、 アスパラガスのネギアザミウマ防除にメタリジウム粒剤が有効であった。
研究分担作物保護科
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030205593
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat