農産物における放射性物質の除去技術の開発(加工による放射性物質の動態)

農産物における放射性物質の除去技術の開発(加工による放射性物質の動態)

県名福島県
研究機関名福島県農業総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H23〜H26
年度2013
概要 梅を加工する時に不織布の袋に入れたゼオライトを一緒に漬け込むことにより、加工品の放射性セシウム濃度を低減できた。梅漬けでは無処理区よりも26〜45%程度低くなり、加工時に塩水を用いると69%低くなった。梅酒の放射性セシウム濃度は無処理区よりも40〜62%低くなった。
、 あんぽ柿原料果の放射性セシウム濃度は、同一樹の同一主枝内で規則性のないばらつきが見られ、加工品への影響は大きいと考えられた。
、放射性物質の飛散時に使用されていたあんぽ柿干し場用の被覆資材は高濃度に汚染されていたが、この資材からの脱落は見られず、二次汚染の可能性は極めて低い。
研究分担生産環境部
予算区分都道府県単
業績(1)果実の加工と放射性セシウムの動態
(2)あんぽ柿加工時の放射性セシウムによる二次汚染の可能性
(3)果実の加工と放射性セシウムの動態
(4)果実の加工と放射性セシウムの動態
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030205613
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat