生物特性に応じた蓄積過程の解明

生物特性に応じた蓄積過程の解明

県名福島県
研究機関名福島県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H23〜26
年度2013
概要魚介類を生息環境や食性の違いにより分類し、各グループの放射性セシウムの蓄積過程を調査する。 また、雌雄、年齢等の違いによる個体差を調査する。
研究分担水産資源部
予算区分県単
業績(1)生態特性に応じた蓄積過程の解明(魚介類の餌料生物における放射性セシウム濃度の推移)
(2)生態特性に応じた蓄積過程の解明(餌料生物と捕食魚の放射性Cs濃度の関係)
(3)生態特性に応じた蓄積過程の解明(イカナゴ当歳魚における放射性セシウム濃度の経年変化)
(4)生態特性に応じた蓄積過程の解明(生態学的半減期)
(5)生態特性に応じた蓄積過程の解明(イシカワシラウオにおける放射性セシウム濃度の経年変化)
(6)生態特性に応じた蓄積過程の解明(タラ類2種における蓄積の差異)
(7)放射性物質蓄積の個体差に関する研究(同一海域の魚種間比較)
(8)放射性物質蓄積の個体差に関する研究(魚類の放射性セシウム蓄積状況)
(9)放射性物質蓄積の個体差に関する研究(マダラにおける年齢による差異)
(10)魚介類の放射性物質濃度の傾向
(11)海水、海底土のモニタリング調査
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030205640
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat