イチゴ炭そ病病抵抗性遺伝子集積の新技術の開発

イチゴ炭そ病病抵抗性遺伝子集積の新技術の開発

県名茨城県
研究機関名茨城県農業総合センター生物工学研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H21〜25
年度2013
概要目的:イチゴ炭そ病抵抗性に連鎖したDNAマーカーを開発・活用し、炭そ病抵抗性を持った優良系統を効率的に選抜・育成する。
、成果:炭そ病の抵抗性検定法として、シャーレ内のマンニトール培地上で、効率的に抵抗性を診断できる手法を開発した。
、「いばらキッス」×「かおり野」のF1系統間で遺伝解析に利用できる108個の多型マーカーを検出した。またQTL解析の結果、5%水準で有意なマーカー(かおり野型2個、いばらキッス型3個)を選抜した。

研究分担野菜育種研究室
予算区分受託(文科省)
業績(1)イチゴ炭そ病抵抗性に関するDNAマーカー候補の選抜
(2)イチゴ炭そ病の表現型診断法の改善と抵抗性DNAマーカーの探索
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030205679
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat