肥料成分の複合施用による施肥量削減技術体系の確立(うね内複合施肥技術の現地実証)

肥料成分の複合施用による施肥量削減技術体系の確立(うね内複合施肥技術の現地実証)

県名茨城県
研究機関名茨城県農業総合センタ−園芸研究所
課題種別試験研究課題
研究期間
、H21〜25
年度2013
概要目的:うね内複合施肥技術の部分技術の一つであるリン酸のスポット施肥(植え穴にリン酸の液肥を注入する施肥法)について,キャベツ栽培における減肥に及ぼす効果を検討する。
、成果:秋冬どりキャベツにおいて,うね内複合施肥により窒素,カリ施肥量を慣行比50%,リン酸施肥量を慣行比30〜50%削減できることを明らかにした。
研究分担土壌肥料研究室
予算区分受託(独立行政法人)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030205721
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat