ナノバブルを用いた水稲栽培における環境負荷低減技術の開発

ナノバブルを用いた水稲栽培における環境負荷低減技術の開発

県名茨城県
研究機関名茨城県農業総合センター農業研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H22〜25
年度2013
概要目的:ナノバブル水による水稲病害虫防除効果や雑草抑制効果,水稲の生育に及ぼす影響,作用メカニズムを明らかにし,ナノバブル水を利用した水稲栽培技術を開発する。
、成果:1)温湯消毒(60℃・10分間)にオゾンナノバブル水の催芽時24時間浸漬処理,または播種時覆土前潅注処理を組み合わせた防除体系により,温湯消毒だけでは防ぎきれない細菌性病害に対して,と同等の高い防除効果が認められた。2)大気ナノバブル水を潅漑した水田において,水稲の生育促進及び収量向上の効果は認められなかった。3)オゾンナノバブル水を灌漑した水田において,田面水中の農薬成分の半減期が短くなり,農薬の分解促進効果が認められた。
研究分担病虫,環境・土壌,作物,水田利用
予算区分特電
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030205746
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat