ブルーベリー高品質安定生産技術の確立

ブルーベリー高品質安定生産技術の確立

県名茨城県
研究機関名茨城県農業総合センター山間地帯特産指導所
課題種別試験研究課題
研究期間完H23〜25
年度2013
概要目的:ブルーベリー栽培において、生産現場で活用できる整枝せん定や施肥管理方法を検討するとともに、ピートモスに代わる安価な土壌改良資材の代替効果を検討する。
、成果:1)ノーザンハイブッシュブルーベリーの「ディユーク」・「レガシー」は、冬期に短果枝と中果枝をせん除し、長果枝を利用することで、結果した果実の一果重・果径が増加する傾向を示した。
、2)新梢における長果枝の割合は、「エリザベス」において、月一回区が他試験区に比べ高くなる傾向がみられたが、年次変動が大きく、施肥法による生育・収量・品質への影響は判然としなかった。
、3)定植2年目の樹勢は、活性炭粉末区及びピートモス区においてやや強く、もみ殻区でやや弱くなる傾向がみられた。
研究分担山間特産
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030205786
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat