遺伝子情報を用いた鹿島灘はまぐりの浮遊幼生の検出・定量方法の開発に関する研究

遺伝子情報を用いた鹿島灘はまぐりの浮遊幼生の検出・定量方法の開発に関する研究

県名茨城県
研究機関名茨城県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H23〜H25
年度2013
概要鹿島灘はまぐりの浮遊幼生期の動態を明らかにするための,浮遊幼生同定・定量化技術を開発する。また,開発した技術により浮遊幼生の動態研究を行う。
研究分担定着性資源部
予算区分国庫補助(文部科学省)
業績(1)茨城県鹿島灘におけるチョウセンハマグリ幼生の出現
(2)レーザーマーカを用いた二枚貝刻印標識法の開発II
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030205848
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat