(8)土壌環境研究室 、1)施設いちごの高収益生産技術の確立 、ア 新品種「スカイベリー」の高生産・高品質栽培技術の確立

(8)土壌環境研究室 、1)施設いちごの高収益生産技術の確立 、ア 新品種「スカイベリー」の高生産・高品質栽培技術の確立

県名栃木県
研究機関名栃木県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H24〜
年度2013
概要目的:障害果の発生要因の究明とその対策技術の確立
、成果:土壌のアンモニア態窒素含量が大きいほど、硝酸化成能が小さいほど障害果の発生割合が高くなる傾向であった。
研究分担土壌環境研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030205957
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat