ストレスが豚の免疫機能に及ぼす影響及びストレス低減化技術の確立

ストレスが豚の免疫機能に及ぼす影響及びストレス低減化技術の確立

県名栃木県
研究機関名栃木県県央家畜保健衛生所
課題種別試験研究課題
研究期間継H23〜27
年度2013
概要目的:豚の免疫機能を客観的に評価する各種検査法を確立し、ストレスが豚の免疫機能に及ぼす影響を調査・解析する。さらに、肥育期のストレス低減管理技術を検討し、生産性低下の改善を図る。
、成果:ストレス強度が異なる群編成を行い、各種ストレスマーカー、リンパ球幼若化能及び末梢単核球ポピュレーションの変動を調査し、ストレス負荷による各指標の変動を明らかとした。ただし、ストレス強度の違いによって異なる変動を示す可能性が示唆され、今後継続して調査を行う。
研究分担家畜衛生
、研究部
予算区分県単
業績(1)密害によるストレスが豚の生産性及び免疫機能に与える影響
(2)肥育豚において群編成が唾液中ストレスマーカー、末梢血単核球ポピュレーション及びリンパ球幼若化能に与える影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030205996
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat