高泌乳牛における泌乳平準化を図る新たな周産期栄養管理技術の開発

 高泌乳牛における泌乳平準化を図る新たな周産期栄養管理技術の開発

県名群馬県
研究機関名群馬県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H23〜25
年度2013
概要ア 泌乳平準化と繁殖成績向上に対応する乾乳期栄養水準適正化
、ホルスタイン種の高泌乳牛において、乾乳前期の栄養水準を、高栄養、適栄養、低栄養の3処理区に設定し、分娩後の乳生産性、飼料摂取量および個体の代謝・繁殖機能に及ぼす影響を調査した。
、 1)ルーメン機能に及ぼす影響の検討と発酵制御効果の解析(担当項目)
、ルーメン内容液中の揮発性脂肪酸組成、プロトゾア数、細菌構成について解析し、栄養水準の違いは揮発性脂肪酸産生に影響を及ぼさない。
、イ 泌乳平準化と繁殖成績向上に対応する中鎖脂肪酸給与技術の開発
、泌乳初期の栄養充足率低下の回避と穀物飼料代替のため中鎖脂肪酸カルシウム(MCFA)を給与し、栄養充足に及ぼす効果と分娩後の乳生産等に及ぼす影響を調査した。
、1)ルーメン機能に及ぼす影響の検討と発酵制御効果の解析(担当項目)
、MCFA給与によりルーメンプロトゾア数は減少し、揮発性脂肪酸濃度に変化はない。  
研究分担大家畜係
予算区分(受託)
、農林水産省
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030206150
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat