二毛作水田に対応可能な堆肥活用技術の開発 、 1)飼料用稲麦二毛作に対応した堆肥施用方法の開発

二毛作水田に対応可能な堆肥活用技術の開発 、 1)飼料用稲麦二毛作に対応した堆肥施用方法の開発

県名群馬県
研究機関名群馬県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H23〜26
年度2013
概要 牛ふん堆肥、豚ぷん堆肥、鶏ふん堆肥それぞれ4種を用い、温度5,10,15,20及び30℃、期間0,7,14,28,56及び91日で培養し窒素の無機化率を測定した。土壌最大容水量が60%の場合、5℃では、豚ぷん堆肥と鶏ふん堆肥は、91日目までアンモニア態窒素から硝酸態窒素への移行はほとんどなかったが、10℃では28目から硝酸態窒素への移行があった。ここから、低温時の堆肥ソフトによる窒素溶出量の推定式には若干の補正が必要と考えられた。また、牛ふん堆肥の硝酸化は種類によって異なり、一定の傾向は認められなかった。土壌容水量を100%に設定した場合は、培養温度が高いと有機化が進んだが、土壌水分が減少すると速やかに無機化が始まることが認められた。また、土壌容水量が60〜80%では速やかに硝酸化が進んだが、90%になると逆に有機化が進んだことから、堆肥窒素が有効利用される土壌水分の分岐点は、80〜90%の間にあることが判明した。
、 以上のことから、今後は、堆肥の点数を増やし、低温での堆肥ソフトの改良を行っていく。
研究分担資源循環係
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030206168
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat