麦類で増加する黒節病などの種子伝染病害を防ぐ総合管理技術の開発

麦類で増加する黒節病などの種子伝染病害を防ぐ総合管理技術の開発

県名埼玉県
研究機関名埼玉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H25〜
、H27
年度2013
概要「ムギ類黒節病」は種子伝染し、汚染種子が重要な感染源になることは知られているが、感染時期、ほ場での二次伝染、伝染環等の生態的特性、接種試験方法、病斑の簡易判別法、発病度評価等の試験研究手法、さらには抵抗性品種の有無等、防除上の重要な知見の蓄積が乏しい。さらに、本病に対する登録農薬は皆無である。このため、効果的な種子消毒法や耕種的防除手法が開発されておらず、これまでにも度々大発生して甚大な被害を引き起こしてきた。本研究では小麦の種子消毒手法の開発、東日本における総合防除技術開発と実証、普及組織と連携した優良種子生産の支援を行う。
研究分担本所/病害虫防除技術担当
予算区分受託(独立行政法人)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030206222
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat