I 生産力を強化し農林水産物を安定供給する研究 、(1)生産力を強化する栽培・飼養・繁殖・養殖などの生産技術体系の開発 、 4 露地野菜の高品質・高生産技術の確立 、 2 園芸産地活性化のための土地利用型野菜安定生産技術の確立 、(3) 土地利用型野菜の経営モデルの策定 、1)数理計画法による土地利用型野菜の経営モデルの策定

I 生産力を強化し農林水産物を安定供給する研究 、(1)生産力を強化する栽培・飼養・繁殖・養殖などの生産技術体系の開発 、 4 露地野菜の高品質・高生産技術の確立 、 2 園芸産地活性化のための土地利用型野菜安定生産技術の確立 、(3) 土地利用型野菜の経営モデルの策定 、1)数理計画法による土地利用型野菜の経営モデルの策定

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H25〜H27
年度2013
概要 加工・業務用キャベツの安定生産を目的として、冬どり栽培では定植適期を、春どり栽培では収穫適期を拡大するための技術開発が行われている。そこで、定植期・収穫期の拡大による労力分散が作業の効率化及び規模拡大にどの程度寄与するかシミュレーションにより明らかにし、新技術導入モデルを策定する。
、※東総、JA全農ちば、JAきみつ、君津農事
研究分担流通経営
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030206336
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat