II 環境に調和した農林水産業を推進する研究 、(1)県民の暮らしを守る環境保全型農林水産技術の開発 、 11 農業の環境負荷軽減技術の開発 、 2 持続性の高い農業生産方式導入のための技術開発 、(2) 安全安心の強化に向けた天敵オオメカメムシの効率的利用による施設野菜類の新IPMの確立 、

II 環境に調和した農林水産業を推進する研究 、(1)県民の暮らしを守る環境保全型農林水産技術の開発 、 11 農業の環境負荷軽減技術の開発 、 2 持続性の高い農業生産方式導入のための技術開発 、(2) 安全安心の強化に向けた天敵オオメカメムシの効率的利用による施設野菜類の新IPMの確立 、

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H24〜H26
年度2013
概要天敵オオメカメムシを核とした施設野菜類の新IPM体系の確立及び実証を行い、マニュアル化をはかる。本年度は、定着性向上技術の併用効果、既存技術が本種に及ぼす影響等の評価、本種の放飼が植物に及ぼす影響の評価等を行い、マニュアル化に向けて知見を整理する。
、※野菜、果樹環境、野菜花き、千葉大、アグリ総研、担い手支援課、山武・安房農事
研究分担病理昆虫
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030206383
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat