III 農林水産資源の維持増大と多面的機能を保全する研究 、(2)農林水産資源の増殖・育苗技術の開発 、 18 森林資源の維持増大に資する種苗生産技術の確立 、  3 森林の多面的機能発揮に適した樹種の育成技術の開発 、(1) マツノザイセンチュウ抵抗性クロマツにおける千葉県に適した系統の選抜と早期供給方法の確立

III 農林水産資源の維持増大と多面的機能を保全する研究 、(2)農林水産資源の増殖・育苗技術の開発 、 18 森林資源の維持増大に資する種苗生産技術の確立 、  3 森林の多面的機能発揮に適した樹種の育成技術の開発 、(1) マツノザイセンチュウ抵抗性クロマツにおける千葉県に適した系統の選抜と早期供給方法の確立

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H23〜H29
年度2013
概要 千葉県の環境に適した抵抗性クロマツを選抜し早期供給することを目的に、県内で選ばれた候補木に対して、二次にわたるマツノザイセンチュウの人工接種により抵抗性を検定する。また、一次選抜木と抵抗性クロマツの人工交配により種子を生産して、その実生苗に対してマツノザイセンチュウ人工接種を行い、抵抗性を評価する。本年度は、抵抗性クロマツ候補16クローン及び実生48家系について、一次検定を行う。また、一次検定合格個体と抵抗性クロマツを交配した実生苗5家系にマツノザイセンチュウ接種を実施し、抵抗性を評価する。
、※東大千葉演
研究分担森林研
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030206428
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat