III 農林水産資源の維持増大と多面的機能を保全する研究 、(3)森林・農地・水域など、地域資源の持つ多面的機能の評価と維持増進・活用技術の開発 、 20 観光・直売に対応した農業技術の確立 、 3 観光・直売施設を核とした南房総地域の6次産業化を支援する農業技術開発 、(2) 在来野菜の特性解明と栽培技術の開発及び新食材としての提案・評価

III 農林水産資源の維持増大と多面的機能を保全する研究 、(3)森林・農地・水域など、地域資源の持つ多面的機能の評価と維持増進・活用技術の開発 、 20 観光・直売に対応した農業技術の確立 、 3 観光・直売施設を核とした南房総地域の6次産業化を支援する農業技術開発 、(2) 在来野菜の特性解明と栽培技術の開発及び新食材としての提案・評価

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H25〜H27
年度2013
概要 観光直売に適した在来野菜として晩生エダマメや晩生カリフラワー等を対象に、晩生エダマメでは、生育後半の倒伏、晩生カリフラワーでは収穫時の個体のバラツキを解決する栽培技術を開発するとともに、有望在来野菜を農家レストラン等において新食材として提案し、商品性を評価する。
、※安房・夷隅・君津農事、鄙の里、みんなみの里
研究分担野菜花き
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030206437
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat