IV 革新的技術を活用し多様なニーズに対応したブランド化を推進する研究 、(1)多様化したニーズに対応した品種改良及び技術開発 、 28 農作物の育種効率を高めるためのバイオテクノロジー手法の開発 、  1 生物工学手法を活用した育種技術の開発 、(1) キク茎えそ病のウイルスフリー化技術の確立

IV 革新的技術を活用し多様なニーズに対応したブランド化を推進する研究 、(1)多様化したニーズに対応した品種改良及び技術開発 、 28 農作物の育種効率を高めるためのバイオテクノロジー手法の開発 、  1 生物工学手法を活用した育種技術の開発 、(1) キク茎えそ病のウイルスフリー化技術の確立

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H25〜H27
年度2013
概要これまでの知見をもとに、CSNV汚染株を材料としてウイルスフリー化のための茎頂培養技術を確立する。茎頂の採取時期や温度処理などの条件によるウイルスフリー化の効果を明らかにする。
研究分担生物
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030206488
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat