畜産排水の低コスト脱色技術の開発

畜産排水の低コスト脱色技術の開発

県名千葉県
研究機関名千葉県畜産総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H23〜H25
年度2013
概要 脱色を図る資材に非晶質ケイ酸カルシウム水和物(CSH)を用い、浄化処理施設からの排水1m3あたりにCSHを1.5kg程添加すると、排水中の色は40〜80%低減し、リン及び大腸菌群の100%近い除去効果が得られた。また、回収した使用済みCSHは、く溶性リン酸を20%以上含有しており、リン酸質肥料としての利用の可能性がある。
研究分担企画環境研究室
予算区分県単
業績(1)非晶質ケイ酸カルシウム水和物(CSH)を利用した畜舎汚水の高度処理技術
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030206512
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat