1 収益性重視の水産業への転換に向け 、た試験研究の強化  、漁業生産効率化のための技術開発 、的確迅速な漁海況把握と予測技 、  術の確立(1)房総周辺海域における海洋環境の把 、握と特性解明

1 収益性重視の水産業への転換に向け 、た試験研究の強化  、漁業生産効率化のための技術開発 、的確迅速な漁海況把握と予測技 、  術の確立(1)房総周辺海域における海洋環境の把 、握と特性解明

県名千葉県
研究機関名千葉県水産総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H19〜26
年度2013
概要目的:房総半島周辺海域の海洋環境を継続的に把握し、データベース化を図ると共に、海況の現状及び予測情報を漁業者に的確迅速に提供し、操業の効率化に資する。また、長期に亘る観測データの解析により、その予測精度の向上や浮魚類の漁場形成や資源の変動要因検討の基礎資料に資する。
、結果:海洋環境のモニタリングを行い、漁海況情報を発信すると共に、海況変動特性等を解析した。
研究分担資源研究室
予算区分県単・一部受託(民間)
業績(1)宮城県沿岸,房総周辺海域に来遊するカタクチイワシ冬季来遊群の初漁日水温からみた南下過程
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030206562
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat