4 漁場環境の変化に対応した漁業を支 、援する研究の推進 、漁場環境特性の解明と予測技術の 、確立 、漁場環境変動予測技術の確立 、(1)有害プランクトンの発生状況の把握

4 漁場環境の変化に対応した漁業を支 、援する研究の推進 、漁場環境特性の解明と予測技術の 、確立 、漁場環境変動予測技術の確立 、(1)有害プランクトンの発生状況の把握

県名千葉県
研究機関名千葉県水産総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H19〜27
年度2013
概要目的:東京湾及び主要な二枚貝漁場等において、貝毒の発生原因や養殖魚の死亡原因となる有害プランクトンの発生状況を把握する。
、結果:貝毒の発生原因や養殖魚の死亡原因となる有害プランクトンの発生状況を調査し、漁業関係者に情報提供した。
研究分担東京湾漁業研究所
予算区分県単・一部交付金(農水省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030206604
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat