新発生・異常発生病害虫の原因究明と対策

新発生・異常発生病害虫の原因究明と対策

県名東京都
研究機関名東京都
課題種別試験研究課題
研究期間継続
年度2013
概要東京都では極めて多品目の農作物が栽培されているが,生産現場では多種多様な原因不明の障害が発生し,農家経営に大きな影響を与えている。農業生産の安定化のため,これら未解明症状の原因を究明し,的確な対策を講じる必要がある。本課題で病害虫に関する障害について,早急に原因生物を特定する。1)新病害,マンゴーおよびホワイトサポテ黒かび病,スイートアリッサムべと病,ギンヨウボダイジュうどんこ病について,明らかにした。2)サトザクラうどんこ病について,国内未記録のうどんこ病菌の発生を明らかにした。3)コマツナ上にRhizoctonia属菌の完全世代の発生を確認した。4)PPVに関与するアブラムシ類の,各季節ごとの薬剤の効果を検討し,有効な薬剤を絞り込んだ。
研究分担農林総合研究センター
、生産環境科
予算区分都単
業績(1)カギイバラノリの生長におよぼす水温、光、窒素の種類および濃度の影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030206637
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat